コンテンツ

坐骨神経痛について

坐骨神経痛

「痛み」の悪循環に陥る前に根本から取り除きましょう

「痛み」の悪循環に陥る前に。早めの治療をオススメします!

こんなことでお悩みではありませんか?

お尻から足にかけて、痛み・しびれがあり、立っていられない
体重をかけると痛み・しびれがでる
安静にしていても、痛みがあり動けない・眠れない
お医者さんから手術を勧められたけれども、手術はしたくない

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは?

坐骨神経とは、人体の中で最も太い神経であり、腰からお尻を通って足先に走る太い神経です。お尻、太ももの裏、ふくらはぎ、かかとなどを通る『坐骨神経』が何らかの原因で刺激され、痛みやシビレが出てしまう症状のことを指します。

坐骨神経痛の痛みやシビレの出方は人それぞれで、左右どちらかの腰・お尻・足に出る場合や、足の内側だけ・外側だけという場合もあります。
症状が進むと痛みやシビレが悪化し、歩くことも困難な状態になることも少なくありません。そうならないために、症状の早期改善をすることが重要です。

坐骨神経痛はなぜ起こるのか?

坐骨神経痛はひとつの「病気」の名前ではなく、お尻から太ももの後ろ側が痛くなる「症状」を指し、その原因はさまざまです。代表的な原因は「腰椎椎間板ヘルニア」によって、腰の神経(=坐骨神経の出発点)が圧迫されて症状が出る場合です。

このような病気が原因となるもの以外にも、同じ姿勢が長時間続くことや、繰り返される動作によって、腰や臀部の筋肉に大きな負担がかかることがあげられます。すると、筋肉の緊張が強くなり、神経が障害されやすくなってしまう要因になるのです。

坐骨神経痛が改善しない理由

椅子から立とうとしたら、お尻や太ももに痛みやしびれを感じた。坐骨神経痛の代表的な症状ですが、「湿布薬を貼っておけばいいか」と、つい軽く考えがえてしまう方が多いようです。

このような症状を繰り返すうちに、痛みで歩けない、立っているのがつらい、座っても寝ても痛む、といった状態にもなりかねません。

悪化する理由はざまざまですが、同じ姿勢が続くことの多い日常生活を送っていたり、姿勢が悪く、偏った身体の使い方をしていたりすると、血行が悪くなり、筋肉がエネルギー不足になります。

すると、身体は危険信号として「痛み」を発し、その痛みによってさらに筋肉の緊張が強くなっていきます。このような悪循環が成り立ってしまっていると、坐骨神経への障害がなくならないだけではなく、二次的、三次的に筋肉自体の痛みができ、治りにくい状態になります。

大牟田整骨院で行う施術法

POINT1

まず、第一に患者さまの状態を確認させていただき、しびれを起こす原因となっている硬直した筋肉の痛みに対する施術を行います。

また、より即効性を出すための鍼灸治療や超音波治療器などを組み合わせて、坐骨神経痛にアプローチしていきます。

POINT2

痛みの根本的な原因でもある、骨盤や姿勢の矯正治療を行います。 痛みが緩和しても、骨格に歪みがある場合や姿勢が悪いままだと、痛みが再発する可能性があります。坐骨神経痛の場合、腰・骨盤周りの筋肉の緊張が強く、骨格に歪みが生じている場合が多くみられます。そのため、身体の土台である骨盤の矯正治療を行います。

POINT3

日常生活におけるアドバイス。 患者さまの姿勢や日常生活動作を伺い、再発防止に取り組みます。また、弱っている筋肉の強化と動きの悪い関節を動かす訓練を行い、再発しない身体づくりをしていきます。ご自宅で行っていただけるストレッチや体操もお伝えさせていただきます。