コンテンツ

むち打ち症でお悩みの方へ

原因

むち打ち症とは

むち打ち症とは、交通事故やスポーツ等で首や背中に外力が加わり、首が前後にムチのようにしなる事が原因で生じる首や肩の痛みのことです。

正式には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」等といいますが、首がムチのようにしなることから生じるので、「ムチ打ち症(むちうち症)」と呼ばれています。

治療法

治療法

一般的にむち打ちは頚部(くび)だけの症状と思われていますが、痛みがなくても腰を損傷している場合が多く見られます。

このようなケースでは、当院は骨盤を調整することで背骨の基本軸を安定させ、胸椎、頚椎と痛みがある部位を調整することによって、むち打ち症の緩和を図っていきます。

むち打ち症の分類

頚部捻挫型 頚椎をとりかこんでいる筋肉や靱帯、関節包の損傷で主に頚部、肩、背中の疼痛、首や肩の関節の運動制限が現れます。
神経根型 頚椎に歪みができると神経の通り道が狭くなり、頚椎から出る神経が圧迫され、首の痛みや頭痛、腕のしびれ、痛み、だるさ、筋力低下、知覚鈍麻、首や肩の関節の運動制限などが現れます。
バレ・リュー症候群型 背中を走っている後部交感神経を損傷または圧迫により、頭に行く血流が低下し、首の痛み、頭痛、めまい 、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。