コンテンツ

筋膜リリースとは?

日本で表現される「筋膜」とは、英語で「Fascia」と呼ばれるものです。 「Fascia」を日本語で「筋膜」と訳されたため、筋肉のまわりについている一枚の膜のようなイメージがついてしまいましたが、「結合組織」のことです。 「結合組織」は、毛糸の繊維のように伸縮が可能で弾力性があり、水々しい組織です。 皮下の筋肉だけでなく、腱、骨、内臓、脳に至るまでと全身をくまなく張り巡らせ、血管や神経までの体内組織を保護し、人の形を形成しています。

よって “第2の骨格”と呼ばれています。 メディセルケアで主にアプローチできる浅筋膜、深筋膜、筋外膜、筋周膜は、結合組織の一部となります。

メディセルケアは、皮膚を直接吸引することにより、結合組織のゲル化や高密度化等の間質液(リンパ液等)の循環不良を、頭から足の先まで、様々なヘッドと専用機器を用い、優しく素早く安全にリリース(解放)する「結合組織循環療法」又は「膜循環療法」です。
日本語で「Fascia」=「筋膜」訳されるため、国内では筋膜リリースとしています。

メディセルケアは、今までの施術とは違う皮膚吸引によるアプローチです

皮膚を直接吸引することによって筋膜の相互干渉を減少

骨、腱、筋肉といった様々なアプローチをしてもなかなか改善しない。病院に行ってもすっきりできないなど、身体の痛みや不調がある時は、筋膜の癒着が原因と考えられています。メディセルケアは、急性期〜慢性期まで多くの症例に対応できるのはもちろんのこと、身体のバランスを根本的に整えながら血液やリンパの循環をよくし、正常な身体をいち早く取り戻す安全かつ画期的な療法です。

こんな症状の回復を促します

  • 首の痛み、首こりやひどい肩こりでお悩みの方
  • O脚、X脚、外反母趾など脚の歪みやむくみをなんとかしたい方
  • 腰痛や膝の痛みが原因で、正しい姿勢を取り戻したいと思っている方
  • 急性期の腫れや浮腫みがあり、治療を必要とされている方

人体にとって重要な組織である「筋膜」

皮膚の下には全身にわたり「筋膜」が張り巡らされています。筋膜は筋肉だけでなく、骨や内臓、血管や神経までの体内組織を保護する役割を担っています。筋膜には全身を包む「浅筋膜」と個々の筋肉を隔てる「深筋膜」があり、2つの間には動脈・静脈・リンパ管・神経などが通っています。

筋膜の癒着を緩めて、不快な症状を改善

浅筋膜と深筋膜が癒着することで、こり、痛み、むくみ等の不快な症状が起こります。1日中同じ姿勢でいることや日常の運動量が減少すると、知らない間に筋膜が癒着してしまうことも。筋膜の癒着を緩めることで、リンパ液がうまく循環し代謝が良くなり、皮下組織内で引き起こしていた神経からくる痛みの原因を根本から改善できます。

メディセルケアなら負担も少なく不快な症状を改善

皮膚吸引で、筋膜由来の症状にアプローチ

筋膜の癒着を緩める筋膜リリース専用機器「メディセル」を使用したメディセルケアでは、筋膜の癒着を剥がし血液やリンパ液の循環を良くすることで、むくみや関節の歪みが改善。痛みに直接アプローチするため、体の内側から治療することができます。筋膜由来の症状は、専門機器を使用することで施術者に特別な技術が必要なく、どの施術者でも一定の治療効果が保証されます。

施術効果もすぐに発揮され、結果的に治療から完治までの時間を短縮させることが可能。施術の効率化が実現できます。